千葉での遺品整理・不用品回収(片付け)なら桜サービスへ

桜サービス > 作業日誌(ブログ) > 遺品の買取できるもの、出来ないもの

遺品の買取できるもの、出来ないもの


通常私共が、ご依頼主様から依頼をうけて遺品の査定に伺うと日常品がそのまま残っている状態での査定になりますが、多くのお宅が何年かそのまま放置されていた状態ですので、家具や家電製品は年数が古くなりすぎて買取になるケースは少ないです。

しかし、年数に関係なく高価な買取が出来きる物もたくさんあります。

 

 

 

 

遺品整理・生前整理でよく買取するもの

 

 

査定でご依頼が多いのが洋服と着物がとても多くありますが

 

着物の場合10年、20年経っていて黄ばんでいたり、柄が古く丈も短く綿や化繊などはほとんどお買取りできないのが現状です。古くても正絹や紬など上質な物は古くても買取可能の物もございますがなにぶん年数の経過したものですとお買取りは難しくなります。

 

 

反対に古くてもお買取りできる物は、洋酒、切手、はがき、時計、ブランドバック、昔のおもちゃ、貴金属などがよくお買取りさせて頂いている品物になります。また引き出物のタオルやティーセットなどもよく買取させて頂いてます。

特に小さいアクセサリーや切手などは価値がわからずゴミと一緒に捨ててしまったり、査定に持って行くのが恥ずかしかったりというこをご依頼主様からよくお聞きします。

 

 

切手やアクセサリーなど何万、何十万になるケースが多くありますので、是非しっかりと買取のできる業者さんで依頼されるといいと思います。

 

 

 

 

 

————————————————–

遺品整理 千葉  ・ 不用品回収 千葉

桜サービス

————————————————–

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA